上の階がうるさい時の天井防音対策と苦情の言い方や仕返しの方法と上階騒音対策用スピーカーや賃貸の解説

スポンサーリンク

上の階がうるさい時の天井防音対策を解説します。

スポンサーリンク

上の階がうるさい時の天井防音対策

上の階がうるさい時の天井の防音対策は、上階からの足音は、天井に遮音材や吸音材のシートでリフォームすることで、騒音が気にならなくなります。天井の裏側に遮音シートや吸音シートを取り付ける方法がベストです。

振動や衝撃音をより和らげるために、天井にもう1枚材料をプラスする二重天井にするリフォームが効果的です。二重天井のリフォームも他の施工に比べて時間はかかりますが、上階に迷惑があまりかからないためデメリットはほとんどありません。

遮音シートを天井に貼る方法ですが、天井の防音対策にはあまり効果がないと口コミが見られます。期待を抱かせる防音材の販売サイトが見られますが、本気で天井の防音を考えているなら、遮音シートを天井に施工してもあまり効果はありません。

天井の防音やり方で賃貸の場合は、退去する場合は現状回復が必要です。

スポンサーリンク

上の階がうるさいときの苦情の言い方

マンション、アパートの管理会社、不動産屋、管理人に伝えて、うるさい状況を上の階の住人に伝えてもらうことです。廊下などに張り紙をしてもらうことも効果が出ることもあります。全戸に手紙を投函することも効果が出る可能性があります。

管理会社から注意してもらったにも関わらず騒音がおさまらない場合は警察に通報しましょう。「事件でもないのに通報していいの?」と悩む必要はありません。「うるさくて眠れない、体調が悪くなる」といった健康被害が発生するような騒音は、通報しても問題ないでしょう。

騒音に対する警察の対応は「注意のみ」で終わることがほとんどです。この際、誰が警察へ通報したかは、騒音の主に知られることは基本的にはありません。一度注意しても変わらない場合は、複数回、警察に注意してもらいましょう。

スポンサーリンク

仕返しする方法と上階騒音対策用スピーカー

これらの仕返し、嫌がらせ、報復はうるさいがなくなることも考えられますが、逆にトラブルに発展する可能性も大きいので注意が必要です。

天井を棒でドンドン叩いたり、つつくと上の階が静かになることあります。一方で反撃されることもあります。

上階騒音対策用にスピーカーを設置してみることも。ネット情報では効果があるとか、ないとか意見が分かれています。

うるさいを気にしない方法

上の階のうるさいを気にしない方法の1つ目は「耳栓」を使用することです。確かに耳栓をしても音を全てを遮断することは難しいですが、音が小さくなるのでかなり効果的です。

次にやってみたのは「ノイズキャンセリングヘッドホン」、着けるだけでノイズを抑えられます。音楽をかけない状態でも、外の世界から遮断されたような感覚になるぐらいには音がシャットアウトされます。音楽をかければさらに外の音は聞こえにくくなります。

「ホワイトノイズマシン」を部屋に設置してみると、使ってから少し楽になりました。騒音を完全にシャットダウンすることはできませんがこれまでの辛さを考えると十分です。

上の階がうるさい原因

口コミが多かったのは、「子供の足音が聞こえる」というものです。日中の子供の足音や騒音で、仕事にも支障をきたし始めています。毎朝子供の走る足音で起こされ、寝不足に。

次に多いのが、深夜や早朝にうるさいというもの、生活サイクルは人それぞれ。上が学生だと夜中に騒いだり、夜勤や夜のお勤めの方だと深夜や早朝は寝ているとかぎりません。

上の階からの音楽がうるさい。大音量、重低音など音の大きさや種類はさまざまです。音楽を流していたり、楽器を演奏していたり、ガンガン、ズンズン、キィキィ、夏でも窓はあけられません。

コメント